Harry's Cafe

時事、読書、映画、演劇レビューなどなど
<< NHKスペシャルの秋葉事件を見て | main | 謹賀新年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ガラパゴス化してた日本野球
北京オリンピックで、プロ野球選抜選手で構成された日本代表は、
メダルを獲得することができなかった。大会前は金メダルが当然、
と言われていたのに、だ。

でも、プロ選手が参加する様になった2000年のシドニー大会以降、
日本代表は、金メダルはおろか決勝戦に進むことはできなかったし、
またまだ記憶に新しい、WBC大会で日本が優勝できたのだって、準決
勝でそれまで2敗していた韓国を勝つことができたからだし、そもそ
もその準決勝戦にしたって、自力で勝ちあがる可能性が無くなって
いた所に、たまたまメキシコがアメリカに勝ったことで転がりこんで
きた、「棚からぼた餅」の世界一だった訳で。
いわば、セリーグやパリーグで3位だったチームがプレーオフに行な
われるチャンピオンステージのトーナメント戦でするすると勝ちあが
って、日本一になってしまうような微妙なものであり。

今大会の日本代表は、金・銀・銅メダルを取ったチームには1勝もで
きなかった訳だから、取れなくても仕方がなかったのかもしれない。


今回の試合をちらちらと見ていて、一番選手たちがやりにくそうに
していたのは、ストライク・ゾーンの違いだった。
すなわち、日本野球と国際大会での審判のストライクゾーンの解釈の
違いにより、球際の判断が大幅に狂い、それが日本選手たちの不振に
つながったことが大きかったようだ。
大会後の星野代表監督の記者会見でも、そのことに対して不平を言っ
ていたみたいだし。

特に、選手たちにしてみれば、その直前まで日本国内で「日本独自の」
ストライクゾーンで試合を行なっていた訳だから、急に国際化した
ストライクゾーンに適応せよ、と言われても厳しかったんじゃないの
かな。

それだけでなく、ボールも国際球と日本球では違っただろうし、
天然芝生のグラウンドと、人工芝主体の日本のグラウンドでの違いも
あっただろうし。

つまり、日本代表チームは結局のところ、日本との環境の違いに適応
する暇も無く、本来の実力も出せずに負けていたというのが、真相に
近いように思うのだ。
すなわち、戦う前にすでに条件は厳しかったとも言えるわけで。

でもそれらの条件は、直前になって急に決まったものでもない訳で。
時間は充分にあったのに、それに対する対策をほとんど施してこな
かった以上、負けて当然だったといえるのかも。

それに対し、今回金メダルを取った韓国代表チームは、公式球を
国際基準のボールに変更し、ストライクゾーンもそれに合わせて
韓国国内のリーグ戦を戦い、なおかつマウンドの高さも、国際標準の
高さに変更していたらしい。

そこにまだ兵役義務のある若手主体のチームで編成し、メダルを取れ
ば兵役免除というインセンティブまでつけていれば、日本と韓国の
両国が戦う前から、条件面でどちらに有利に働いていたかは結果が
証明しているような気がするのだ。


でじゃあなぜ、野球日本代表チームは、こんなにも国際試合に弱かっ
たんだろうか。
基本的に、それは「野球」と「ベースボール」の違い、今流行り?の言葉
でいうならば、日本野球は「ガラパゴス化」してたって事なんだろうと
思うのだ。

すなわち、日本の携帯電話が、ものすごく多機能、高性能であるにも
関わらず、国際標準の規格になっていなくて独自の進化を遂げてきた
ために、国際競争力やシェアという面では劣っているのに対して、
韓国のメーカーが国際規格に対応して、世界的なシェアを獲得して
いった事と重なるんじゃないのかな。

で、多分、プロ野球の首脳陣も、そして日本のマスメディアにしても
そういう国際的な標準との違いという面を認識はしていても、そんな
に重要なことだとは思わず、勝手に盛り上がって祭りを繰り広げ、
いざ、実戦に臨んでみて、そのあまりの違いに愕然としたという、
これって、もしかすると60年以上前に日本軍と参謀本部が犯したのと
同じミスをやっていたって事なんじゃないのかな。

で、もしもそうであるならば、この敗因って、ただ単に今回の代表と
なった選手たちや、それを率いた星野監督を責めれば解決するって
問題ではなく、すくなくともアテネ以降、ストライクゾーンの違いや
ボールの違いという事に対して、もしも日本野球が国際試合で勝つ
ことをあくまで目標にするのであれば、プロ野球全体で対応するべき
問題だったんじゃないのかな、と思うのだ。

それを多分、その間にあったWBCでの棚ぼた優勝のために、うやむや
にしてきたってのが、今までの真相のような気がするのだ。

今回のオリンピックで、野球は正式種目からは外れる事になった。
だから、少なくともしばらくは、日本チームがオリンピックの金メダ
ルを獲得するチャンスは無いわけだけれど、来年の3月には早くも
次回のWBCがあるらしい。

その時までに、日本プロ野球が、国際試合に対応していかないので
あれば、その時の大会でも苦戦することは免れないんじゃないのかな
と思うのだ。

しかも、次回のWBCって、前回アメリカが準決勝でキューバに負けた
のが、よっぽど悔しかったのか、トーナメントの組み合わせで、アメ
リカチームは、日本、韓国のアジアチームと、キューバとは決勝戦
じゃないと戦わない組み合わせになっているらしい。

つまり日本は決勝戦に勝ち進むためには、韓国、キューバに勝たない
といけないらしく。

さ〜、一体どうなるんでしょうね〜。

でも、個人的には、オリンピックから野球は無くなっていいんじゃ
ないかなあ、と思います。
試合時間長いし、その分、他の競技が放送されないというマイナス
面もあるわけだし。

野球なくしていいから、ソフトボールを復活させてあげればいいの
ではないでしょうか。
| スポーツを観る | 23:40 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:40 | - | - |
ここのwebmasterみたいに、マスコミ報道鵜呑みの批判精神ゼロの人間が多いのが、
日本の弱み。

「国際球」についてちょっと検索すればわかることなのに。
| つけめんデリック | 2009/01/19 8:57 AM |

ええと、コメント読ませていただいて、国際球について
改めて検索させていただきましたけど、個人的にはむしろ
日本のプロ野球が球団によって(もしくはメーカーによって)
球質が違うことの方が問題が多いと思いますけど。

確かに日本の品質に比べて国際級の品質が劣るものになる
ことについての問題はあると思いますが、(そのへんもいわゆるガラパゴス化の問題ですよね。日本の高品質が国際基準になりえないという)それよりも球団によっては人気回復のため、あえて飛びやすくホームランの出やすいボールを使っていたりとまちまちなあたりもある意味で興行としては正し
いのかもしれませんが、国際試合において不利になるのは否
めないと思います。

ついでに書くと、実際に批判精神がゼロだと言われるので
あれば具体的にどの辺が批判精神がゼロなのかを書くべき
だと思います。
| harry | 2009/01/22 5:11 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/04/06 5:46 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/04/22 9:48 AM |










  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ