Harry's Cafe

時事、読書、映画、演劇レビューなどなど
<< そんな訳で | main | 明日のNANDA >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コクーン歌舞伎「三人吉三」
という事でまずは6月に見た演劇ネタ。見てきたのは、
渋谷BUNKA村のコクーンで行なわれているコクーン歌舞伎の
「三人吉三(さんにんきちざ)」
この作品の印象を一言でいうなら、「椎名林檎の歌の流れる歌舞伎」
である。
三人吉三は、和尚吉三、お坊吉三、お嬢吉三という吉三という名前を
持つ三人の悪人が、ひょんなことで出会い、その因縁の中に巻き込まれ
ていく、という物語で。
ちょっと前に流行った「声に出して読みたい日本語」の中でも、この中の
台詞、「…こいつは春から縁起がいいわえ」が取り上げられている位、
場面によっては有名な作品らしく。
その辺は、まだ歌舞伎歴の浅い私には、へえ、そうなんだあ、位の話
なんだけど。

でも、作品全部を見た感想でいうと、「俺たちに明日はない」のような
ピカレスク?というか、悪の物語なんだなあと思ったのだ。
コクーン歌舞伎を見るのは昨年から二回目なんだけど、三田寛子の旦那
の(って言い方が失礼だと思うのだが)、中村橋ノ助のお坊吉三という
浪人役が、カッコいいなあ、と思うのである。

で、それにもまして今回印象に残ったのが、笹野高史で。
この人が今回の物語の元凶だったりするんだけど、普段は大人しい親父
ぶりなのが、一転、橋ノ助のお坊吉三に啖呵をきるシーンがあり。
その迫力や、その前の告白のシーンなど、歌舞伎役者ではないんだけど
現代演劇をやっている人のいい面が現れているというか。

というより、今回の舞台、前回の「東海道四谷怪談(南番)」と比べると
演出も、より現代演劇に近くなっている印象を受ける。
それは、冒頭で書いたように通常の三味線のお囃子ではなく、椎名林檎
や、ロック調のBGMがかかる辺りとか。
それをして、これは歌舞伎ではない、と思う人もいるのかもしれない
けれど、逆にいえば、私のような人間にしてみると、敷居が低くなった
分、見やすいともいえるわけで。
ちゃんとした?歌舞伎を見たい場合には、歌舞伎座や他の場所に行けば
いいわけだし。

物語の最後、雪の降る中で、主役三人の大立ち回りがあるんだけど、
その最初、風切り音のBGMが流れる。これは普通に演劇を見慣れた私に
とっては当たり前の事なんだけど、この作品の初演の時には、それも
異例のことだったらしい。
だけど、その風切り音と、天から舞い落ちる紙吹雪と、にび色の曇天を
あらわした幕によって彩られた舞台は、本当にここが江戸の雪景色の
中なんじゃないかな、と思わせるほどの説得力と、美しさを兼ね備えた
場面だった。

もっとも、それだけで終わらずに、その後山ほどの紙吹雪がどっさり
落ちてきて、観客席まで巻き込まれたのは、なんというか勘三郎さんの
歌舞伎らしいなあ、と思ったんだけど。

今回は、前回と違い、桟敷席という座布団敷きの席で見ていて。
前回同様、役者さんたちが桟敷席の観客の間を当たり前のように歩いた
り、時には観客の上に座ったりするのを笑っていたら、自分の目の前も
中村福助演じるお嬢吉三が通り過ぎて。
その時目の前には弁当やらお茶やらがあったので、あわててどけたのも
いい思い出になりました。

必ずやるだろうと思っていた、中村勘三郎の納税ギャグも聞けたし、
来月に向けての英語でしゃべる一幕も見られたし。
いや、行ってよかったなあ、と思います。
できたら来年もまた、見にきたいなあ、と思える舞台でした。
| 映画・演劇 | 23:17 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ