Harry's Cafe

時事、読書、映画、演劇レビューなどなど
<< 映画「東京タワー」 | main | YS11 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画「バベル」
今回は映画ネタ。見てきたのは「バベル」
この映画を一言で言うなら、「見終わった後に、疑問というか謎が
数多く残る映画」である。
それは、映画が終わってエンドロールが流れ出した途端に、周囲の
若者カップルたちがざわつきだした事からもよくわかる(笑)
うん、でもだからといって中途半端な所に放り出された、という感じ
ではなく、簡単に言葉では言い表せない何かが心の中に残り、それが
消化しきれずに反芻を繰り返している様な感じで。
私はそういう状態も特に嫌いではなく、楽しもうという気になったので
割と楽しめたというか。

ということで、極力ネタバレは避けつつ、私の心に残った謎のいくつか
を勝手に考察してみたいと思う。

物語は、CMの予告通り、1発の気まぐれな銃弾が引き起こす、モロッコ
メキシコ、日本へと広がる悲劇の連鎖、というか波紋の行方といった
感じで。

映画を見終わった後、真っ先に私の心に浮かんできた疑問は、この映画
監督は、何故この作品に「バベル」というタイトルを付けたんだろう、
という疑問だった。

それは多分、この映画が、人の愚かしさを描いているからなのかな、
というのが、最初に浮かんだ答えだった。やっぱりバベルの塔っていう
のは、人間の愚かしさの象徴だと思うし。

この映画のモロッコパート、メキシコパートのある人物たちは、本当に
些細なきっかけの軽はずみな行為で、事件の渦中に引き込まれていく。
それをして、人の愚かしさという風にまとめることは可能だと思う
けれど、だとするならば日本パート、菊池凜子の引き起こした愚かしさ
とは何であったのか。

日本パートには、さらに謎が深まっていく。果たしてこの日本パートは
全体から見て浮いていないかな、というか物語の直接の本線にはちっと
も関わってはいない。

だけど、この日本パートがあることで、映画の作品は複雑に、そして
重層的な内容になっていると思う。
もしも、日本パートが無かった場合のこの映画を考えると、ここまでの
印象は残さなかったと思うのだ。

その上でさらに考えてみる。
何故、「ロストイントランスレーション」しかり、この映画しかり、
外国人の目から見た若者の風俗っていうのは、こうもクラブカルチャー
や退廃的なイメージに片寄るんだろう、と。

もしかすると、「クールジャパン」としてもてはやされている日本の
イメージって、オタク文化というよりこっちの方なのかもしれない。
菊池凜子が今更ながらのルーズソックスをはいているのも、援助交際を
連想しているのかもしれないし。

ついでにいうと、何故、藤井隆は、ロストイントランスレーションに
引き続き、外国人に人気なんだろうか、とか(笑)
(PVでちらっとだけ映ってます)

また、何故この作品の演技で、菊池凜子はアカデミー助演女優賞に
ノミネートされたんだろう、というのも謎の一つかもしれない。
いや、それは彼女の演技がアカデミー賞に値しないと批判を加えたいの
ではなく。
彼女の演技は素晴らしかったと思うし、このノミネートを機にして、
彼女のキャリアが全世界に広がったら素晴らしいなと思うんだけど。

でも、おそらく欧米の人たちに残した印象と、私たち日本人が感じる
印象には、少し開きがあるんじゃないのかな、という気もしてきて。
フランス映画界だったら、彼女のような演技って高く評価されると
思うんだけど、今回アメリカでも評価されたのがちょっと意外だったの
である。

そこには多分、私たち日本人が感じてはいない、海外から日本がどう
見えているのかっていうのも関係があるのかもしれない。


話を本線に戻す。
この映画は、人の愚かしさを描いた映画なのではないか、というのが
真っ先に思った印象だったんだけど、ここまで書いてきて、いや、この
映画は、極限状態に置かれたときの、人の本性みたいなものを鮮やかに
描いた作品なんじゃないのかな、という気がしてきた。

この映画の中で特に印象的なシーンが一つある。
映画の中で、ブラッドピットの妻役のケイトブランシェットが、バスに
乗っているときに銃弾を受けるんだけど、そのケイトブランシェットは
その直前、モロッコ市街のレストランで、コーラを注ぐコップに入って
いる氷が不衛生かもしれない、と疑って乱暴に捨てるシーンがある。

そのケイトブランシェットが撃たれた後、手当をするために通訳ガイド
の村に観光バスが向かう。
その時、他の欧米人の観光客たちは、その村で全員が襲われるんじゃ
ないかと不安に襲われ、早くこの場所から立ち去ろう、とブラッド
ピットや通訳に持ちかける。

そのシーンを見ている私たちの印象は、おそらく人の浅ましさや、
愚かしさを見せつけられた気になると思う。

でも、と思う。
もしも私が観光客で、しかもツアー旅行をしていたとしたら、多分、
氷は怖くて捨てるかもしれないし、こういう事件に巻き込まれた時には
被害者の事を気遣いながらも、大きな不安に襲われてしまう可能性は
大いにあるかもしれない、と思うのだ。
だからこれらのシーンを見て、居心地の悪さを感じる人も多いんじゃ
ないのかな。

それらの多くは、多分生理的な反応というものなんだと思うし、その人
の属している文化的な生活様式からは逃れられないものなのかもしれな
い。

でも、と思う。
だからこそ、このモロッコのシーンの中で一番印象的だったのは、
ケイトブランシェットが運び込まれた通訳の家の人たちの優しさ、親切
心が際だって貴重なものに感じられると思うのだ。

それは多分、あの残りの観光客たちや、事件に遭う前のケイトブラン
シェットには、わからなかった世界の事なんじゃないのかな。

この映画を見たからって訳ではないけれど、最近、何かが起きたとき、
不幸と幸運は同時にやってくるんじゃないのかな、と何となく思う様に
なっていて。

私たち人間は何かが起きたときには、それが幸運なのか、それとも不幸
なのか、インパクトの強い方にしか、目がいかなかったりするんだけど
でも、不幸が起こったその中には、必ず希望の芽も潜んでいるんじゃな
いのかな、という気がしてきて。

だからこの映画で事件に巻き込まれた、ブラッドピット夫妻、その
子供、モロッコ人の少年、メキシコ人のベビーシッター、そして菊池
凜子や、あの渋い刑事の心の中にも、何かが残ったと思うのだ。
そしてそれは多分彼らにとっても、とても大切なものになるんじゃない
のかな、と思うのである。

そしておそらく同じものは、この映画を見た観客である私たちの心の
中にも、人それぞれ違っても、何かを刻んでいるんじゃないのかな、
と思うのだ。
それが何かという正解は、おそらくはないと思うけれど。
| 映画・演劇 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - |









http://harrycafe.jugem.jp/trackback/495
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ