Harry's Cafe

時事、読書、映画、演劇レビューなどなど
<< 藤田元司監督死去/今週のR25 | main | ひとり旅伊勢・京都・奈良編その1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
トリノオリンピック
トリノオリンピックが始まった。
今日はこれから1泊2日の旅行に行く関係で、
モーグルの予選を見た後に寝て、ちょうど判を押したようにモーグル
の決勝の里谷多英選手に合わせて起きて決勝を見た。

里谷選手、上村選手は残念ながらメダルは取れなかった、という事で。
うん、でも個人的には、たとえメダルを取れなくてもよく頑張った、
って感じでいいんじゃないかな、と思うのである。
メダルが取れなくて悔しいのは本人が一番悔しいんだろうし。
少なくとも、8年前の長野オリンピックの時以来、モーグルという
種目があって、それがどういう種目で、何が得点の基準になるのか、
ということを教えてもらえたのは、里谷選手、上村選手の活躍が
あったからだと思うし。

今回、モーグル競技を見るときにも、その昔覚えたそういう基準の
ようなものを段々と思い出してきて、あ〜、そうだったそうだった
エアーの高さだけや、スピードだけじゃ足りなくて、コブを滑る時の
姿勢のよさとか、総合点で判断するんだっけ、とか思いながら、
親近感?を持って見ることができたし。

上村、里谷選手にはモーグル競技の面白さを教えてくれてありがとう、
とできれば伝えたいと思うのだ。

また、ちょっといいなあ、と思ったのは、競技選手同士が、競技が
終わった後、後続の選手の試技をみながら、少し緊張しながら、
それでも少しリラックスして談笑しているシーンだった。

長い競技生活の中で、お互いがどれだけの力を持っているのかは
わかっているんだろうし、その中で昨日の強敵は今日の友、では
ないけれど、そういうのが垣間見えるとちょっといいな、と思うので
ある。

今はアイスダンスのショートプログラムを見ているんだけど、
でもやっぱり、この大会にピークを合わせて華麗なパフォーマンスを
繰り広げている選手達の姿は、国境を越えてどの国の選手の姿も
美しい、と思ったりするのだ。
やっぱり、なんか晴れ舞台なんだなあ、という感じで。

メダルが取れたかどうかは、私のような素人にはわからない、ほんの
ちょっとの差なんだろうし、日本がメダルを取れたかどうかに躍起に
なるのではなく、素直に普段なかなか見られない競技の世界に、
ちょっとだけ触れられるのも、オリンピックの面白さのような気が
するんだよね。

そんな感じで(可能な限り)ライブで見られたらそれだけで幸せ、と
いう感じかもしれない。

という事で旅行に行ってきます。
| スポーツを観る | 04:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:48 | - | - |









http://harrycafe.jugem.jp/trackback/281
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ