Harry's Cafe

時事、読書、映画、演劇レビューなどなど
<< 雲間の光 | main | ネット上のプライバシーと編集能力 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本語を「学ぶ」必要性
内田樹センセイのブログで、「まず日本語を」というエントリーが
あった。
そこでウチダ先生は、かいつまんで書けば次のように言っていると
思う。


「小学校、中学校の初等・中等教育では、英語のリスニングに時間を
割くよりも、もっと日本語教育に時間を割いてほしい」と。


私は、現在こうしてWeb上で文章を(勝手に)書き、また英語の勉強を
(勝手に)している立場でウチダ先生の意見に賛成である。

それは、私が中高大学と10年以上英語を勉強をしたのにちっとも話せ
ないから「その頃もっと英語授業の時間が多かったらなあ」なんて思う
からではない。
むしろその逆である。
今改めて英語を勉強していて痛感するのは、「多少学校の授業で英語の
時間が増えたからって、多分英語が話せるようには決してならないだろ
うな」と思うからである。

そして、そんな時間があるのなら、少なくとも初等教育では「読み書き
(そろばん)」に力を注いだ方がいいような気がする。
なぜなら「読み書き(そろばん)」は、学校教育でやらされなければ、日常
生活でやることはないだろうな、と思うからである。


まず、英語教育について。
今現在、私が英語の勉強で悪戦苦闘していて思うのは、英語がベラベラ
と話せるようになるためには、学校で週数時間しかない授業時間の間だ
け、英語漬けの日々を過ごしたからって、結局話せるようにはならない
と思う。
なぜなら、その約10年間の授業時間で、英語を読んだり聞いたりする
機会が圧倒的に少ないと思うから。

私たちは、中学教育の間だけで日常会話に必要な分の英単語は覚えさせ
られる、と言われる。
それなのにちっとも私たちが話せないのは、その単語が使われる文章の
バリエーションが圧倒的に少ないからだし、それだけの文章を読む機会
に乏しいからだと思う。

もちろん、私はそういう学校教育で英語の授業が全く必要ない、なんて
いう気はさらさらない。
ただ、私たちが学んできた英語の授業と、この先リスニング重視の英語
教育を受けてきたものの間で、英語獲得能力に(時間を割いた分だけ)
有意な差が現れるとは考えにくい気がするのだ。

私がそう考えるもう一つの理由は、必要性である。
すなわち、小学校、中学校、高校と英語を勉強する目的って、日常で何
不自由なく英語が使えるようになるためというよりは、受験に通るため
という目的の方が強い気がする。
だって、少なくとも今の時代は、日本に住んでいる限りにおいては、
英語を話す必要なんて全くないわけだし。

でもおそらくは中学、高校でどんなに英語が苦手だった人だって、たと
えばそれが仕事上どうしても必要な能力であるとか、留学しなければ
ならない、という事態になった時には、勉強に対するモチベーションは
自ずと高まるだろうと思う。
そういう人の過ごした1年間は、ただのんべんだらりと英語を勉強して
きた人の10年間を簡単に凌駕すると思う。
それは自分をみればよくわかる。

じゃあ、そういうモチベーションを学校の英語教育で与えればいいので
はないかという意見も、もしかするとあるかもしれないが、おそらくは
多くの人がそうであったように、いくら周りからたきつけられても、
およそ勉強というものは、本人がやる気にならなければ身につかない
ものなのだ。ロバを泉に連れていっても、無理に水を飲ませることは
できないように。


また、日本語教育についていうならば、「日本人でいる限り日本語を
勉強する必要なんてない」という意見もあるかもしれないけれど、
個人的にはそんな事はないだろう、と思う。

確かに私たちは日本に暮らし、日常的に日本語を話している以上、
特別に日本語を勉強なんかしなくたって、日本語に不自由することは
あまりない。

でも、それは日本にいて、日本語ペラペラな外国人と比べてみると、
私たちが日本語教育の恩恵を受けていることがよくわかるのである。
それでは、日本語ペラペラな外国人と、私たち日本人の一番の違いは
どこに現れるのだろうか。

それは「漢字」の読み書き能力である。
もちろん外国から来た方でも、漢字の読み書き能力が一般的な日本人
よりも高い人間は沢山いると思う。
でも、一般的に日常的に日本語会話に苦労していない人でも、漢字の
読み書きは苦手とする人が(少なくとも私が接してきた中では)多い様
な気がする。
外国人が漢字の読み書きが出来るようになるための苦労は、おそらく
私たちがアルファベットの羅列による英単語を覚える何倍もの苦労を
要すると思うし。

私には、昭和20年に日本で生まれた、れっきとした日本人のおじさんが
いるのだが、この人は当時としては珍しく、インターナショナルスクー
ルに通い、日本の学校教育を一切経験しなかったために、今でも漢字は
苦手らしい。英語のほうは完璧なクイーンズイングリッシュを話し、
日常の日本語の会話には何の苦労もないのに、である。

逆にいえば私たちが今現在、何不自由なく漢字の読み書きが出来るのは
学校教育の漢字ドリルなどで、繰り返し繰り返し、イヤというほど漢字
の書き取りをさせられたからであるといえるのだ。
で、じゃあ学校教育なしにそんなしち面倒くさいするかといえば多分
しないだろうと思うのである。

じゃ、まあそこまでは百歩譲るとしても、だからといって学校で「声に
出して読みたい日本語」のような、名文を勉強する必要はないんじゃな
いか、という意見もあるかもしれない。
まあ、その辺に関しては、私にも確たる自信があるわけではない。

でもね、例えば今こうやってWeb上で私が何とか文章を打てているのっ
て、日本語教育というか、自分が今まで読んできた本によるものが大き
いよなあ、と思うのである。

例えば、あなたが10代や20代の頃を思い返してみてほしい。
日常会話には何の不自由がなかったとしても、例えば他人に自分の気持
ちを伝えようと文章を書いたとき、自分の本当に言いたいことが、なか
なか文章にならないもどかしさを感じたことはないだろうか。

私がこうやって(メール・チャットも含めて)Web上で文章を書くように
なって7年近く経っている。
そしてその初期の頃、私が思ったのは「自分の語彙が少ない」である。
で、今現在はあまりそのように感じないのは、もちろんWeb上で文章を
書くことになれたというのもあるけれど、その頃と今とでは、読書に
よって蓄積した量が圧倒的に違うこともあると思う。

すなわち、この文章の始めのほうで英語について書いたことと同様に
日本語に関しても、表現できるかどうかは、その人の「読書した量と
内容」によると私も思うのだ。

現代の日本の若者は、「活字離れ」だと、私が小さい頃からずっと言われ
ていたけれど、ウチダ先生も、そして養老孟司も指摘している様に、
日本人ほど活字に接している人間も珍しいのかもしれない。
それは「マンガ」である。

また、今ではメール文化も、「活字文化」と言えるかもしれない。
そんな風に今も私たちは意識せずとも沢山の活字には接してはいるが、
例えばマンガしか読まない人は、語彙のバリエーションがマンガ由来
だけだったりする訳で。

ただし、それはマンガしか読まない事を非難したい訳ではない。
むしろ、例えば宮台真司ばっかりを読んでいる人の文体は、自ずと
宮台真司のような物の言い方になると思う。

そしてそれは私も例外ではない。
高校の頃の私の文体は、当時新井素子にハマっていたので、男のクセに
「えっと、」とか平気で書いていたし。今考える気持ち悪いけど。
大学時代には鴻上尚史に傾倒していたので、「そんな訳で」を多用して
いた。この癖は多分今でもある。

そして今現在の私の文体は、内田樹をはじめとして、糸井重里、橋本治
養老孟司他多数の人の影響下にあるだろうと思うのだ。

そんな風に私たちが何かを日本語で表現しようと思ったとき、普段の
友達との話し言葉にせよ、偉大なる?先人たちにせよ、その影響から
全く離れて自分独自の表現を行う事は難しいわけで。

それにどんなに日常会話のメールで例えば、
私ゎ
とか、
行くぉ

とか書いている人だって、就職してレポートを書かなければならない
場合には、それに即したモードの使い分けをしなければならない訳で。
そのためには普段からビジネス風の文章を数多く読んでいなければ、
それが自然と自分の内側から出てきたようには、表現はできないと
思うのである。

であるならば、学校教育で日本語の名文に接する事だってあながち無駄
とはいえない気がするのだ。
だってそうでもしなきゃ、日本語の名文なんて、なかなか読む機会は
ないだろうし。


ウチダ先生はこう書いている。

この文章の中で私がいちばん重要だと思うのは、「創造というのは自分が入力した覚えのない情報が出力されてくる経験のことである。それは言語的には自分が何を言っているのかわからないときに自分が語る言葉を聴くというしかたで経験される」というところである。


こういう境地って言うのは、それが日本語であるせよ、英会話である
にせよ、膨大な数の語彙やフレーズが脳の記憶領域にストックされて
いて、それが思いもかけない時に思いがけないタイミングでつながっ
て現れるからこそ、起きるのだろう。

ウチダ先生の境地には程遠いけど、私も人に話しているうちに、
自分がなんていい事を言っているんだろう、もしくは書いているんだ
ろう、と自分で感動してしまうことって、ごくたまにあるし。

また英会話にしても、外国に行った当日とか、海外からお客さんが来た
当日にはまだ私の英語脳が温まっていないので、口から思ったフレーズ
がついて出る事は少ないけれど、しばらくすると自分の言いたかった事
が、(つたないながらも)英語に変換されて口から出ていることに感動
したりもするし。

うさんくさく聞こえるかもしれないが、これは本当の事なのだ。
それをしてウチダ先生は「私の身体は頭がいい」と言ったんだと思うの
だが。

そのためには英語にせよ日本語にせよ、やっぱり沢山のバリエーション
あふれる語彙やフレーズに触れないとね、と思うのである。

もっとも私個人としては、国語教育では堅苦しい文語体の文章だけで
なく、たまには落語なんてのも音読させれば日本語のバリエーション
も増えるんじゃないかと思うんだけど。
それだとそのまんま、「声に出して読みたい日本語」の世界になっちゃう
か。
| われ思う | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:44 | - | - |









http://harrycafe.jugem.jp/trackback/278
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ